So-net無料ブログ作成

岡山フィル第60回定期演奏会 指揮&ob独奏:シェレンベルガー [コンサート感想]

岡山フィルハーモニック管弦楽団 第60回定期演奏会
〜シェレンベルガーが届けるウィーンの香り〜
モーツァルト/交響曲第38番ニ長調「プラハ」
R.シュトラウス/オーボエ協奏曲ニ長調
 〜 休 憩 〜
ブラームス/交響曲第3番ヘ長調
指揮・オーボエ独奏:ハンスイェルク・シェレンベルガー
ゲストコンサートマスター:戸澤哲夫
2019年5月26日(日) 岡山シンフォニーホール
Scan20190526175704_001 - Edited.jpg
 指揮にオーボエ独奏に、獅子奮迅の活躍を見せたシェレンベルガー、当然、今回のコンサートの主役ではあるのだが、オーケストラの奏でる音も本当に素晴らしかった!
 シェレンベルガーさんが岡山フィルの首席指揮者に就任したとき、「私の経験をすべて、この岡山のオーケストラに注ぎたい」と仰っていて、シェレンベルガーと岡山フィルの6年間の足跡を見てきたファンとしては、まさに有言実行をしてくれたことは重々、わかっていたのだが、今日は、シェレンベルガーという偉大な音楽家が、岡山フィルに情熱を注いで、それが花開こうとしていることに、心の底から感動を覚えた瞬間だった。
 モーツアルト38番交響曲の冒頭の「ブルルン」とした弦の響きに『これぞ、シェレンベルガーが植え付けたドイツ語圏の響き』に酔い、弦楽器の白銀の輝きのような磨き抜かれた響きに仰け反り、特に第1楽章の最後のヴァイオリンの『泣き』には「いつから岡山フィルはこんなおとを出せるようになったのか」と感じ入った。
 オーボエ協奏曲は、シェレンベルガーの独奏が美しすぎて美しすぎて、何度も目頭をハンカチで拭った。そして、クラリネットの西崎さんを始めとした、オケ・メンバーとの掛け合いを、会場皆が楽しんでいる光景。ああ、いいなあ。こういう雰囲気。
 ブラームスの3番は、自然な流れの中に、重心の低い音楽がうねるように展開していく。劇的なドラマと、ブラームス独特の寂寥感・翳りを内包しながら、各パートの掛け合いによって力強い推進力で有機的に昇華していく。
 見事な演奏だった。
 シェレンベルガーの首席指揮者としての3期目の最初のコンサートだったが、この調子で演奏改革が進み、楽団の体制強化が図られれば、20年後には国内有数のオーケストラになるのも夢ではないと、本気で思わされる。そんなとても充実したコンサートだった。
【詳細は、だいぶ時間が経ってから書き加えるかもしれません】

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

「江戸の奇跡 明治の輝き 日本絵画の200年」展 岡山県立美術館 [展覧会・ミュージアム]

「江戸の奇跡 明治の輝き 日本絵画の200年」展
岡山県立美術館(2019年3月22日 鑑賞)
【鑑賞記作成中】
DSC_1046.JPG
 訪館から1ヶ月半が経って、もう次の特別展が始まってしまているが、記憶もおぼろげになってきている中でも、5点ほどの作品は強烈な印象が残っている。また、時間のある時に更新したい。
===美術手帖HP EXIBITIONSから===========================

近年、伊藤若冲や曽我蕭白ら奇想の画家たちを紹介する展覧会が続けて開催されるなど、注目を集める江戸絵画。いっぽうで、明治150年の節目にあたる2018年には、江戸時代に次ぐ明治時代を様々な角度で照射し、日本の近代化を歩みが振り返られた。


 さかのぼること江戸時代では数多の流派が起こり、いまに伝わる傑作が生み出されたが、多くは前時代の作品や、中国・西洋からの舶載画を学習なくしては成り立たなかった。そして横山大観や菱田春草ら明治時代の日本画家たちも同様に、江戸時代の基礎を引き継ぎ、そこから革新へと踏み出すに至った。


 本展は、前後時代にあたる江戸・明治の日本絵画に焦点を当てるもの。円山応挙、伊藤若冲、曾我蕭白、横山大観、菱田春草、竹内栖鳳らによる逸品約180件をを揃え、両時代の絵画史をたどる。

 
===========================================

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

生演奏から貰う良質な「気」 [雑感]

 3月よりこっち、多忙を極めており(それ以上に疲労困憊で)更新ができていない。コメントへのお返しも滞っており、申し訳なく思います。
 この間、県立美術館の展覧会に行ったり、内輪のコンサートにいったりはしている。県美の展覧会はもう会期が終わってしまったが、後日、落ち着いた時期に感想を更新するつもり。
 最近、体の方も色々とガタが来ており、頚椎の方は幸い小康状態を得ているが、全体的に体調は低空飛行を続けている。不惑を越えてから少し悟ったのは、人間には持って生まれたエネルギー・生気の量は平等ではないということ。自分はエネルギーが少なく、枯渇しがちになる部類だと思う。
 エネルギーが少ないのに、生来エネルギーが漲っている人を成長の目標にしたり、追随しようとしたりして、これまでしんどい思いをしてきが、今は、限られた「資源」をどうやって使うかを考えている。
 旅行に行ったり、飲み会の二次会三次会で発散できる人は羨ましいが、自分が真似しても消耗するばかりで何もいいことはない。ただし、絵画鑑賞やコンサートは、自分にとって数少ないエネルギー補給源なのだろう。クラシック音楽で言えば、作曲家も演奏家も、エネルギーが漲っているタイプの人が多いだろう(もしくはエネルギー枯渇タイプの人は早世している)が、自分のような「気」が少ないものにも恩恵をもたらしてくれる。
 2時間、椅子に座っているだけで、良質な「気」が体に入ってくるのがわかる。特に、最近の岡山フィルは、良質な「気」が漲っていると思う。
 今は、関西や広島まで出かける気力は無いが、月1回ぐらいは生演奏に触れて充電する時間を持ちたい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽