So-net無料ブログ作成

岡山フィル第60回定期演奏会 指揮&ob独奏:シェレンベルガー [コンサート感想]

岡山フィルハーモニック管弦楽団 第60回定期演奏会
〜シェレンベルガーが届けるウィーンの香り〜
モーツァルト/交響曲第38番ニ長調「プラハ」
R.シュトラウス/オーボエ協奏曲ニ長調
 〜 休 憩 〜
ブラームス/交響曲第3番ヘ長調
指揮・オーボエ独奏:ハンスイェルク・シェレンベルガー
ゲストコンサートマスター:戸澤哲夫
2019年5月26日(日) 岡山シンフォニーホール
Scan20190526175704_001 - Edited.jpg
 指揮にオーボエ独奏に、獅子奮迅の活躍を見せたシェレンベルガー、当然、今回のコンサートの主役ではあるのだが、オーケストラの奏でる音も本当に素晴らしかった!
 シェレンベルガーさんが岡山フィルの首席指揮者に就任したとき、「私の経験をすべて、この岡山のオーケストラに注ぎたい」と仰っていて、シェレンベルガーと岡山フィルの6年間の足跡を見てきたファンとしては、まさに有言実行をしてくれたことは重々、わかっていたのだが、今日は、シェレンベルガーという偉大な音楽家が、岡山フィルに情熱を注いで、それが花開こうとしていることに、心の底から感動を覚えた瞬間だった。
 モーツアルト38番交響曲の冒頭の「ブルルン」とした弦の響きに『これぞ、シェレンベルガーが植え付けたドイツ語圏の響き』に酔い、弦楽器の白銀の輝きのような磨き抜かれた響きに仰け反り、特に第1楽章の最後のヴァイオリンの『泣き』には「いつから岡山フィルはこんなおとを出せるようになったのか」と感じ入った。
 オーボエ協奏曲は、シェレンベルガーの独奏が美しすぎて美しすぎて、何度も目頭をハンカチで拭った。そして、クラリネットの西崎さんを始めとした、オケ・メンバーとの掛け合いを、会場皆が楽しんでいる光景。ああ、いいなあ。こういう雰囲気。
 ブラームスの3番は、自然な流れの中に、重心の低い音楽がうねるように展開していく。劇的なドラマと、ブラームス独特の寂寥感・翳りを内包しながら、各パートの掛け合いによって力強い推進力で有機的に昇華していく。
 見事な演奏だった。
 シェレンベルガーの首席指揮者としての3期目の最初のコンサートだったが、この調子で演奏改革が進み、楽団の体制強化が図られれば、20年後には国内有数のオーケストラになるのも夢ではないと、本気で思わされる。そんなとても充実したコンサートだった。
【詳細は、だいぶ時間が経ってから書き加えるかもしれません】

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

木曽のあばら屋

こんにちは。
私も聴いてました。
良いコンサートでしたね。
by 木曽のあばら屋 (2019-05-26 22:06) 

ヒロノミン

>木曽のあばら屋さん
 本当に充実したコンサートでした。
 これからこのオーケストラは、益々良くなっていくと思います。優れた指導者が人生を賭けていて、優秀な首席奏者たちが楽団の新しい歴史を作らんとし、ベテランの奏者も含めて非常に状態がいい。
 今回はやや少なかったですが、聴衆も応援し期待しています。良くならないわけがないです。
 来月も再来月も聞きに行く予定です。
by ヒロノミン (2019-05-27 22:23) 

サンフランシスコ人

定期演奏会に無事に出席を果たし、感動のコンサートを楽しんだブログ....喜んで読ませていただきました....
by サンフランシスコ人 (2019-05-31 02:40) 

ヒロノミン

>サンフランシスコ人さん
 ありがとうございます!
by ヒロノミン (2019-06-09 23:14) 

お名前(必須)

かなり度々、会場でお目にかかっているようです。
僕も、最近、特に管楽器の活躍にわくわくしています。
ソロとクラの掛け合いはチャーミングでした。
数日後、仕事をさぼって医大でダンツィも聴きました。
ホルンがちょっとすごいんじゃないかと思っています。
by お名前(必須) (2019-06-15 17:23) 

ヒロノミン

>お名前(必須)さん
 コメントありがとうございます。
 医大のJホールのコンサート、行きたかったですねぇ。私も昨年までは平日に休みが取れていたのですが、今年からは行けそうにないです。
 ホルンの梅島さんは、たしかに凄いです。10月のブルックナーの4番が今からとても楽しみです。
by ヒロノミン (2019-06-15 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。