So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

岡山フィル第56回定期演奏会 Vn:福田廉之介 シェレンベルガー指揮 [コンサート感想]

岡山フィルハーモニック管弦楽団第56回定期演奏会
グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調
 ~ 休 憩 ~
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調 
指揮:ハンスイェルク・シェレンベルガー
ヴァイオリン独奏:福田廉之介
コンサートマスター:高畑壮平
2018年5月27日 岡山シンフォニーホール
20180527oka-phil.jpg
 前半も後半も「凄い演奏を聴いた」という充実感に満たされたコンサートだった。
 まずは、何といっても福田廉之介さんのヴァイオリンを取り上げずには居られない。去年聴いたリサイタルで「もうこれは、世界中どこへ行ってもプロとしてお金を取れる水準は充分にクリアしている」と瞠目したのだが、そこからさらに深化していた。
 その発せられる音には、選ばれし者しか得られないオーラと『華』がある。第1楽章の転調しながら上昇を繰り返す場面で、オーケストラが様々な楽器で和音で色彩を出していくならば、彼はたった一挺でまばゆいばかりの世界を、オーケストラとともに創ってしまう。
 テクニックは言うまでもない、その色彩・表現力、これが葦原の瑞穂の中つ国、吉備の国から生まれた才能だ!と快哉を叫びたい、とでもいうように地元の会場は沸騰する。新しい首席奏者(候補)たちが奏でる切ない曲想に導かれて第2楽章で見せた内省的な音楽は、10代の青年とは思えない滋味沁みわたる世界だった。
 第3楽章ではテクニック以上に、オーケストラへつけていくセンスが光っていた。岡山フィルもシェレンベルガーがタクトで示す細かいニュアンスやダイナミクスをソリストと共に表現していく。
 演奏終了後は万雷の拍手が鳴りやまない。アンコールはパガニーニのカプリス。福田さんもあのチャイコフスキーのコンチェルトの最終楽章で力を振り絞るような演奏を聴かせてくれながら、涼しい顔をしてパガニーニを弾いてしまう。
 このブログを見ていただいている方には、岡山以外の方も多くいらっしゃると思うのですが、福田廉之介という名前を憶えて損はありません。必ず世界のクラシック音楽ファンなら知らぬ者はいない名前になるでしょう。
 感想は1曲目とメインに移ります。この日の入りは9割ぐらいだろうか。3階には空席が少しあったようですが、1階~2階席は見渡す限り満席だった。岡山フィルの定期演奏会、ずっと好調な集客を維持している。
 編成は座席的にヴァイオリンが見切があるので正確ではないのですが、12型でVa以下2本補強のストコフスキー配置2管編成だったでしょうか?
 今回はオーディションで合格した首席奏者たちの試用期間としてのコンサートでもあったが、どのパートもこの上ない演奏を聴かせてくれ、ソロ演奏の多いチャイコフスキーの5番で、もうこれはほとんど首席奏者披露演奏会といってもいい、華やかな演奏になった。
 グリンカの序曲からエンジン全開。岡山フィル、本当に良く鳴っています。この岡山シンフォニーホールは3月~梅雨入り前の季節までが、最もいい音が鳴るのだ。
 シェレンベルガーさんと通訳兼司会進行役の高畑コンマスとのプレトークで、『チャイコフスキーの交響曲第5番はよく演奏される曲で、ついついルーティンで演奏してしまう曲でもあるのだが、今回は楽譜を見直して、作曲家の狙いや意図をくみ取った演奏になる。新鮮な気持ちで聴いてほしい』というような内容でした。
 たしかに、今日のような王道中の王道の曲は。それだけに実は本当に難しいのだろう。それは聴衆の立場から見てもそうだ。最近の演奏ではヤンソンス&バイオルン放送交響楽団の倉敷公演の演奏が忘れられない。それは僕にとっては生涯聴いたベストコンサートの一つになっているほどだ。聴衆は地元での生演奏だけでかなりの好演を経験しているし、それだけに期待値は上がる半面、期待を裏切られた場合の落胆も大きい。
 しかしシェレンベルガーさんの言葉には嘘偽りは無かった。第1楽章はきっちりと音符を積み上げていくような演奏。この曲の動機となるメロディーを、ドイツロマン派の交響曲のようにソナタ形式の枠を手掛かりに積み上げていく。
 特に弦のボウイングの幾何学的な統一感は見事で、書道で言えば、うったてから止め・はね・はらいまできっちりしている楷書体の墨書を見るような、あるいは発音の良いアナウンサーによるナレーションを聴いているような、「ああ、シェレンベルガーさんらしいな」と思いながら聴いていた。第1楽章のラストはスパッと切る解釈に痺れた。高畑コンマスの存在は、やはり偉大だ。
 
 しかし、単に「ドイツ的・構築的なチャイコフスキー」ではなかった。第1楽章や第4楽章での管・打を中心
に短いリズムを打ち込むトウッティでは、音尻をスパッと切ることで、ストロボが光るような切れ味を出していて、このホールで聴いたサンクトペテルブルグ・フィルの演奏の切れ味を思い出した。
 第2楽章では、感情におぼれ過ぎず、しかしメロディーは大いに歌わせるドラマティックな展開を見せ、金管が奏でる、この曲の「運命の動機」では人間が抗いがたい大いなる力を誇示するように、強烈な音を客席に打ち込んでくる。
 第3楽章も、運命から解放された踊りの中に、不気味にカーテンの陰から「運命の動機」が顔をのぞかせる
不気味な雰囲気がある。
 第4楽章の激しさはどうだ!岡山フィルがこれほど荒々しくなるオーケストラなのか?一方で、金管が裏手に
回っているときの力強くも弦楽器の癒されるようなしっとりとした音にも聴き惚れる。チャイコフスキーの一種病的な世界を描き出していた。
 最後のコーダに入った後の耳をつんざくような金管の打ち込みは、古典派から前期ロマン派で見せるバランス重視のシェレンベルガーとは全く異なるように感じる。第1楽章でドイツ的構築感を感じ取った僕は、この楽章ではロシアのオーケストラのようなパワーにひれ伏すしかなかった。
 所詮、運命には逆らえない人間が刹那の時間に心を預けて踊りに踊るような・・・一種「強制された歓喜」のような荒々しい面を見せながら、最後を迎える。私には、この日の演奏は単なる勝利の凱歌には聴こえなかった。ただ・・ただ・・凄い演奏だった。
 特筆すべきは、ソロを取った各パートの首席奏者たちの見事な演奏。冒頭のクラリネットでの陰影、ファゴッ
トの哀愁。そして第2楽章のソロホルンの柔らかさと、それに答えるオーボエは、ロメオとジュリエットのようだ。第4楽章のトランペットのファンファーレは、運命へ抗うことを諦めさせられる充分な力感が備わっていた。
 それから、コントラバス・チェロのきっちりとした力強いボウイングは、これまでの岡山フィルの音にさらに力強さを加えるものだったし、ヴィオラの分厚さが無ければ、この「躁鬱的」な交響曲の魅力は半減しただろう。
 この岡山フィルの首席奏者というポスト、ファンの私がこんなことを書くのもなんですが、決して待遇がいいわけではないと思われるのですが、それでもこれだけの人材が集まって、これほどの粉骨砕身の演奏を聴かせてくれたことに感謝。早いですが、これからどうかよろしくお願いします。岡山を好きになってください。
 次回の定期演奏会での首席奏者正式就任が本当に楽しみになりました。
※追記
 某SNSに書き込んでいるときに思ったのだけれど、僕にとってチャイコフスキーの音楽はロマンティックで情熱的なイメージでとらえていたのだが、ドイツに生まれ、長くドイツの中心で活躍してきたシェレンベルガーが見るロシアへのまなざしは、フランスのブルボン王朝を模して創られたロマノフ王朝の貴族文化という面と、凍てつくロシアの大地のバーバリアニズムとが同居する存在なのかもしれない。そして、この日の演奏の美しさと激しさはそうしたロシアの持つ両面が強いコントラストで描かれたのかもしれない、そんなことを考えました。

nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

SCED

こんばんは。岡フィル、シェレンベルガーさんのオーボエで協奏曲を聴いたのを除くと数年ぶりの機会でした。以前の演奏に比べると数段進歩しているのは頷けます。

ですが・・・(ここからはあくまで私の意見として読み流して下されば幸いです)

ヒロノミンさんも少し取り上げていますが、グリンカ&チャイコフスキーの名曲プロとなると、比較対象となるオケとしてはサンクトペテルブルクフィル、もしくはマリインスキー劇場管弦楽団、ロシア・ナショナル管他を代表するロシアのオケが挙がります。

私も上記のオケでチャイコフスキーの5番を過去に何度も聴いた経験があるので、その経験を踏まえ敢えて辛口の意見を言わせて頂きます。

金管楽器&ティンパニは確かにロシアのオケを彷彿させる内容で楽しめましたが、いかんせん弦楽器セクションの出来があまりにも悪すぎました。

確かに日本のオケでホール全体を包み込む響きが感じられないことを差し引いたとしても、単純にメロディーラインを追いかけているだけで、弦セクションとして主体的にオケ全体をリードする気概がまるで感じられませんでした。

例えば、第1楽章132小節(Tempo I)以降、木管&ホルン&トロンボーンが主旋律を奏でる際、弦楽器がピチカートで応じる場面において、強弱をつけて主旋律の合いの手を際立たせないといけない箇所を弦セクション全体が「棒読み」で弾いていた点・・・

他にも、第1楽章の序奏はtenutoの指示が弦楽器全体に出されています。ここは例え指揮者の指示が入るにしても、ボーイングを気持ち長めに保つなどセクション間で工夫して欲しかったです。直ぐに音が消え入りそうな印象にしか聞こえませんでした。バイエルン放送響クラスのレベルであれば、in tempoで説得力ある演奏が可能になると思いますが。

文章が長くなり大変失礼致しました。これから岡フィルが成長を遂げる上では弦楽器の演奏技術の改善(向上)が求められると思います。ロシア音楽に加え、古典・ロマン派(ドイツ・オーストリア音楽)のレパートリーを着実に身につけるなかで、上記の課題について向き合うことを切に願う次第です。
by SCED (2018-05-28 20:12) 

ヒロノミン

>SCEDさん
 コメントありがとうございます。
 今回のコンサートで驚いたのは、ここ数年のコンサートでは弦楽器の充実ぶりが目立っていたのに対し、前回から自前の首席奏者が固定化されたことで、SCEDさんのご指摘のように逆に弦楽器の強化が必要との意見も出てくるような状況になりました。
 岡山フィルは現在、まさに発展途上です。私は首席指揮者の試用期間に入った3月の定期演奏会を欠席しましたが、1回欠席しただけでオーケストラの印象が変わりました。

 拙い記事で恐縮ですが、国内オーケストラにおける岡山フィルの財政力のポジションについて触れた記事をご覧ください。
http://lazy-hironomin.blog.so-net.ne.jp/2017-11-02

 現在の岡山フィルは、財政力から言えば吹けば飛ぶような存在でしかありません。バイエルン放送響クラスになると、N響の3~5倍の予算があるでしょう。岡山フィルはN響の1/30、世界一流のオケの1/150の事業規模しかありません。その年間予算全額をつぎ込んだとしてもヤンソンスやゲルギエフが1回のタクトで得るギャランティにすら及ばない・・・
そんなオーケストラをシェレンベルガーさんは引き受けてくれた。そして1回1回のコンサートに足を運ぶことが楽しみになるぐらいに、ステップ・バイ・ステップにレベルアップが図られている。今年は、自らの音楽人生を岡山フィルに賭けてくれる首席奏者たちの顔も見えてきました。10年前には考えられないワクワクするような状況です。
 40代の私が死ぬ頃に、もしかしたら広響や大フィルなどのオーケストラに比肩するようなオーケストラになれるかどうかも定かではありません。でも、僕は1/30の弱小楽団の逆襲・・・シェレンベルガーが示す夢に賭けてみたいのです。
 とはいえ技術的な問題点を指摘する方も必要です。僕にはその素養がありません。もし、良ければSCEDさんも、地元の小さな小さなオーケストラの躍進を見届けていく酔狂に付き合ってくださるなら、その際はまた色々ご指摘のコメントを頂ければ幸いです。
by ヒロノミン (2018-05-28 21:28) 

ヒロノミン

>SCEDさん
 何度もすみません。自分のコメントを見て、これではSCEDさんが書いてくださったことへの返信になっていないと思い。追記させていただきます。

 チャイコフスキーの5番を演奏したこともなければ、楽譜の内容が頭に入っているわけでもありませんが、2階のバルコニー席で指揮者と弦5部とのアイコンタクトが見える位置で聴いた正直な感想です。
 第1楽章については非常に丁寧にボウイングの一つも疎かにせずに弾いているなあという印象でした。これは、シェレンベルガーが首席指揮者に就任した際のベートーヴェンの「英雄」以来、ずっと感じていることです。
(こういう引き合いの出し方は良くないのですが)国内のあるオーケストラで聴いた同じ曲の演奏で、弦パートのボウイングに統一感がない演奏(ついでに集中力も…)に接したことがあり、あの時に比べると今の岡フィルは本当に誠実だわい、と思ったのです。

 テヌートについても、音を長めにとる、というよりも、「印象に残る音」を要求しているように思うのです。例えば今回の曲目ならば、「運命の動機」をどのように聴き手に印象付け、それをどのように展開させていくか、というのがこの曲の肝だと思いますが、成功しているとは言い難い部分はあったとはいえ、意図は伝わってくる演奏に感じました。

 仰る通り、弦セクションとして主体的にオケ全体をリードする、というのはそこまで手が回っていないのでしょうし、細かい表現の部分になると、個々の奏者の技量の問題もあるかも知れません。

 こういった問題点はシェレンベルガー氏も理解しており、就任1年目はまずは国内の名だたる指揮者を以てしても、押しても引いても鳴らなかったオーケストラをリラックスさせて自然に響きで満たす音に変化させ、オーケストラ全体のサウンドや音の質感といった、目指すべき方向性を明確にしました。2年目~4年目は楽曲が持つ自然な息遣いを重視し、同時に在東京オケの助っ人首席に頼る体制を変え、リスクを取って自前の首席奏者の整備を、今まさに行っている最中。ようやく、ここまで来たのです。
 
 SCEDさんにとっては「まだそんなところでもがいているのか?」と思われるかも知れませんが、
この5年間でベートーヴェンとブラームスを中心に古典・ロマン派をやり直して、ようやくここに至った・・・。ファンとしては感慨深いものがあるのです。聴衆も、定期・特別演奏会を
年に2回から5回に増やしているのに、なお集客は伸びており、私と同じ思いの聴衆も多いのではないかと思います。
 今少し、長い目で見てみませんか?

by ヒロノミン (2018-05-28 23:20) 

SCED

ご丁寧に返信、ありがとうございます。

岡フィルについては今後紆余曲折はあるにしても、将来的にはN響を招聘公演しなくても十分なまで演奏水準を向上させて欲しいというのが本音です。

十数年前まではにはベルリンフィル、コンセルトヘボウをはじめ、世界でも名だたるオケが来岡(倉敷市民会館も含め)していました。財政状況の変化、東日本大震災の影響、そして中韓諸国をはじめとする海外オケツアー増加により、現在は岡山県で来日オケが来る機会は年に1~2度あるかどうかになりました。

加えて例の主催で招聘するオケ自体、決して水準が高いものとは言えず、頻繁にレベルの高いオケが来岡していた状況を目の当たりにしていた私にとっては本当に寂しい限りです。私がこれまで地元で鑑賞していたオケを聴きに行こうと思えば、遠征が必要不可欠な状況です。香川県県民ホールで聴ける機会があれば、まだ御の字です・・・

上記の理由があるので、岡フィルについては日々成長しているのは理解ができても、岡山シンフォニーホールを本拠地として看板を背負っている以上、厳しい意見を言わざるを得ないのが本音です。名だたる海外オケに匹敵する段階までとはいかなくても、少なくとも日本のトップレベルまで水準を向上させて欲しいと思います。

長々と意見を述べてしまい、大変失礼いたしました。いずれまた岡フィルを聴く機会はあると思います。王道のプログラムで名演奏に立ち会える瞬間が訪れることを切に願います。
by SCED (2018-05-29 19:36) 

ヒロノミン

>SCEDさん
 ご返信、感謝します。
 まったく同感です。今の世界の超一流オーケストラの公演は、ほとんどが「来日公演」ではなく、アジア・ツアーの一環になっています。東京と名古屋・関西のみ公演を打ち、他は韓国・台湾・中国の主要都市を回っておしまいです。今後も岡山に超一流オーケストラが来ることはほとんど無いと思います。
 であるからには、岡山フィルには、国内トップレベルの楽団になってもらいたい、僕も同じ思いでいます。

 そのためには、最終的には現有団員の演奏能力の向上だけではだめで、優秀な奏者を集めるための財源が必要です。
 ちょうど、それについて考察をした記事を書いているところですので、もし時間があればご一読ください。
http://lazy-hironomin.blog.so-net.ne.jp/2017-10-29

 さしたる産業もない岡山では、一気に財源を確保することは難しいでしょう。であれば、現在のリソースで伸びるところまで伸びてもらうしかない。私はこのブログを通して、日進月歩の岡山フィルのあゆみを追い、応援する。そして、厳しい叱咤激励をする聴衆も必要です。

>いずれまた岡フィルを聴く機会はあると思います。王道のプログラムで名演奏に立ち会える瞬間が訪れることを切に願います。
 これは私の願いでもあります。以前は、定年後は関西に戻るつもりでいましたが、岡山フィルが成長を続ける間は、岡山で応援し続けようと思います。

by ヒロノミン (2018-05-29 22:37) 

サンフランシスコ人

下野竜也も、サンフランシスコ近くで、チャイコフスキーの定期演奏会 (シリコンバレー交響楽団)....

http://symphonysiliconvalley.org/concerts.php?pagecontID=259#showis221

Conductor: Tatsuya Shimono
Soloist(s): Stephen Prutsman, Piano
Featured Artist(s): Pyotr Ilyich Tchaikovsky

Pyotr Ilyich Tchaikovsky: Slavonic March in B-flat minor, Op. 31

Pyotr Ilyich Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1 in B-flat minor, Op. 23

Pyotr Ilyich Tchaikovsky: Symphony No.4, Op.36

Tchaikovsky: A Celebration
Saturday 8:00 pm June 2, 2018
Sunday 2:30 pm June 3, 2018
by サンフランシスコ人 (2018-06-01 01:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。