So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三浦文彰 ヴァイオリン・リサイタル 岡山公演 [コンサート感想]

三浦文彰 ヴァイオリン・リサイタル
ヴァイオリン:三浦文彰
ピアノ伴奏:イタマール・ゴラン
 
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 K.306
R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 op.18
~ 休 憩 ~
(作曲者・曲名失念)赤とんぼの変奏曲?
(曲目自信なし)バルトーク:ルーマニア民俗舞曲から?(あやふやな記憶)
チャイコフスキー:「懐かしい土地の思い出」からメロディー
チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ ハ長調 op.34
チャイコフスキー:感傷的なワルツ op.51-6
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 op.28
 
2018年2月26日 岡山シンフォニーホール
 
 後半プログラムが変更になって、三浦さんからアナウンスはされたものの(ホールの残響で聞き取りにかった、あと演奏中にはメモを取ったりしない主義なのと筆者が記憶力に乏しいため)、当日は楽章構成も何も書いていないコンサート案内チラシが配布されたのみで、プログラムが無いので曲目を確認することも出来ません。主催者からの掲示やHP等での事後フォローもないので、曲名があやふやなままです。赤とんぼのメロディーの変奏曲のような曲と、バルトークのルーマニア民俗舞曲から1曲?(だと思うんだけど)。あと、チャイコフスキーの「懐かしい土地の思い出」のメロディー、これぐらい有名な曲ならばわかるんだけれども・・・。コンサートに行って、演奏された曲がわからないまま、というのは気持ちが悪いものです。
 
 三浦文彰さんの演奏は、大フィル定期演奏会で演奏されたハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲での凄演が強く印象に残っています。
 
 会場は2階・3階を閉鎖し、1階席+バルコニー席の5割ぐらい(600人ぐらい?)の入り。三浦文彰といえば大河ドラマ「真田丸」のソロ演奏で有名になり、メディアにも露出が多いアーティストの一人だと思うが、月曜の夜のコンサートということを差し引いても、もう少し入ってもいいんじゃないの?という印象。
 
 演奏は、後半のヴァイオリンの名曲を並べたプログラムでの演奏が、やはり凄かった。文句なしです。超絶技巧のみならず音にコクと照りがあり、いつまでもず~~っと聴いていたい美音だった。
 
 前半は、久しぶりに1階に座ったこともあって、前半1曲目のモーツァルトのソナタの演奏が始まった瞬間、自分の頭のはるか上を過ぎていくようなヴァイオリンの音に、正直言って戸惑った。10分ぐらいすると耳が慣れてきたが、ヴァイオリンのソロといえども、やはりこのホールは2階席で聴きたい。
 三浦さんの演奏は、まさに天衣無縫というべきもの。美音のささやきのようで魅了されたが、(楽章間に拍手が入ったこともあって)曲全体の構成感がやや不足していて、「モーツァルトのソナタを聴いた」というよりも、小品を3曲聴いたような印象が残った。
 
 しかし、R.シュトラウスのソナタでの演奏は三浦さんの美音に磨きがかかり、素晴らしい演奏になった。現在の三浦文彰を聴くならば、後半のロマン派の小ピースか、もしくはこのR.シュトラウスのようなコテコテの後期ロマン派の耽美的な音楽が合っているようだ。かといって外連味のある演奏ではなく、的確に音をとらえてく、どちらかといえば誠実な演奏。三浦さんの奏でる音の美しさがとにかく際立っていて、音楽そのものが持つ美しさをよく引き出していた。
 そしてピアノのゴランさんの演奏がこれまた素晴らしく、粒が立った音を変幻自在の音色で彩り、もはら伴奏の域を超えている。さすが世界屈指のピアノ室内楽奏者だと思った。三浦さんにとってはこれほど心強くも手ごわいピアノ伴奏者はいないでしょうね。三浦さんの美音とゴランさんの絶妙のタッチから繰り出される美音の饗宴に、陶然と耳を傾けた。
 
 アンコールはグルックのメロディー(歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」の中の曲のようだ)、そしてクライスラーの中国の太鼓。
 
 松江公演のプログラムには、ベートーヴェンの6番ソナタと、ブラームスの雨の歌を並べていて、プログラム的にはそちらの方が良かったな。次回のリサイタルはクラシックのソナタを並べるガチンコ・プログラムで聴きたいと思いました。

nice!(2)  コメント(2) 

nice! 2

コメント 2

じいさん

赤とんぼ変奏曲は福田恵子さん(三浦さんが子供のころの聴ソルの先生だと彼女がホームページに書いています)の作曲らしいです。曲名がわからないのが悔しくて三浦さんのコンサート情報をネットで調べると岡山公演と同じ曲編成のコンサートがあるようです。500名しか集客できないとは驚きでした。完売の会場もあるのに。

by じいさん (2018-03-02 17:12) 

ヒロノミン

>じいさん さん
 コメントありがとうございます。間違いなく福田恵子さんの曲だと思います。なるほど他の会場のプログラムを調べればよかったのですね。貴重な情報、感謝します。

>500名しか集客できないとは驚きでした。完売の会場もあるのに。
 そうですよね・・・。岡山は市街地での勤労者よりも周辺部の勤労者の方が多いですから、公共交通機関も発達してない岡山で、平日公演で開演時間が18時30分というのは、正直キツイと思います。岡山の聴衆層が薄いわけではない…と思いたいです。

by ヒロノミン (2018-03-04 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。