So-net無料ブログ作成
検索選択
出来事 ブログトップ

gyaoアニメに機動戦士ガンダムが [出来事]

 我が家には、純然たるTVは一台もなくて、チューナー付きパソコンでテレビを見ているんですが、特定の番組以外はTVを見る習慣がないので、ほとんど困ることはありません。

 TVを見ない代わりにレンタルで海外ドラマやアニメのDVDを借りてきてよく見ていたんですよね。休みの日に家に籠って、紅茶とクッキーを食べながらシリーズもののアニメやドラマをガッツリ見るというのは、最高に贅沢な時間の一つと思います(笑)

 しかし最近はレンタルDVDショップにまで行かなくてもよくなってきました。往年の名番組が無料でネットで見られるのですよね。
 アニメはgyaoの無料動画が充実のラインナップで、最近は毎週金曜日に更新される『ヒカルの碁』を楽しみにしてるんですが、昨日、gyaoにアクセスしてみて驚きました。
 なんと『機動戦士ガンダム』が無料配信動画に加わっているんです

 ホント、こんなキラーコンテンツまでが無料でネット配信される時代なんですねぇ。

 ガンダムの初回放送は、1979年ということですから、僕が見たのはおそらく再放送だったんでしょうね。初回放送よりも再放送で大変な人気になり、以後、関連グッズの売り上げは我々団塊ジュニア世代の巨大マーケットが支える形になったこともあって、一大産業にまで発展しました。
 Zガンダムの放送時は確か小学校4年でしたが、そのころには初代ガンダムのキャラやストーリーを皆知っているという状態。裕福な友達の家にはベータマックスがあって、再放送のガンダムやZガンダムの放送が録画されていました。それこそ昭和30年代の力道山か巨人の試合のように、応接間に10人ぐらい集まって、「ガンダム放映会」みたいなのが繰り広げられた事を思い出します。そうそう、当時はお菓子メーカーを狙った組織テロ犯罪があり、その友人の親父さんが某お菓子メーカーの幹部社員だったこともあって、その友人の家に行くとスーパーの棚からは撤去されてしまっていた某メーカーのお菓子をたくさん食べられたことも思い出しました。

 初代ガンダムの初回放送には間に合いませんでしたが、僕らの世代は間違い無く『ガンダム世代』。gyaoで懐かしいアニメをしばらく楽しみにする日々になりそうです。


岡山フィルの首席指揮者に、シェレンベルガー氏 [出来事]

 5日に発表されていたそうです。完全に情報キャッチに出遅れていました(ウチ、山陽新聞とっていないもので・・・)

首席指揮者にシェレンベルガー氏 岡山フィルに来年4月就任

 財団法人・岡山シンフォニーホール(岡山市北区表町)は5日、同ホールを拠点に活動する岡山フィルハーモニック管弦楽団に新設する首席指揮者に、元ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席オーボエ奏者ハンスイェルク・シェレンベルガー氏(64)=ドイツ在住=が来年4月1日に就任すると発表した。任期は3年。

 シェレンベルガー氏は1948年、ドイツ・ミュンヘン生まれ。1980〜2001年にベルリン・フィルで活躍。94年から指揮活動を始め、09年に岡山フィルの定期演奏会で指揮を務めた。

 岡山フィルは92年に設立した岡山県初の本格オーケストラ。常任指揮者が不在で、演奏会では国内外の指揮者を招いていた。今年、設立20周年を迎え、就任を依頼していた。

 シェレンベルガー氏は7日、岡山市内で就任記者会見を行う。年3回程度、岡山フィルを指揮し、県内の音楽関係者を指導する予定。

(2012年11月6日 山陽新聞)

 twitterで情報を目にした時は一瞬、目を疑いましたが、リツイート元を追ってみると、岡フィルの楽員さんのツイートだったので、その瞬間、文字通りその場で飛び上がりました。
 僕が初めて聴きに行ってから19年。苦節19年だったなあ・・・・ようやく常任の指揮者が就任しました!それも21年間、ベルリン・フィルのど真ん中でオーボエ吹いていた人が来るなんて(しかも3年間!!)・・・。当分はこのニュースを肴に幸せになれそうです・・・

 詳細は本日の記者会見で語られると思うので、このネタはまたのちほど・・・・

 昨晩のカメラータ・ザルツブルグ、聴きに行け無かったよ・・・シェレ様ゴメン・・・


闘病 [出来事]

 先週末、家族の中で衝撃が走った。  義父(嫁さんの父)は、去年の冬に癌が再発、それ以来ずっと抗がん剤による闘病を続けていた。自分が義父と会う時には苦しい表情は一切見せなかった。恐らく、元気な時を選んで会う日を決めていたのだと思う。  先週末に義父の体調が急変した。リンパ腺に転移していた癌細胞が脳にまで達し、それが原因で意識に重大な影響を与える事態になり緊急入院。それと同時に、この先の見通しについても、残酷な現実を知らされる。しかし、義父は全くあきらめておらず、危険な状態から驚異の回復力と強靭な気力で、意識は完全に回復し、麻痺している左半身の機能回復へのリハビリへの意欲を燃やしている。  この秋はコンサート鑑賞旅行や、コンサートの予定などをたくさん入れていたが、自分の見通しの甘さを実感。しばらくは遠出を控えて、家族の時間を大事にする機会にしよう。
nice!(0)  コメント(0) 
出来事 ブログトップ