So-net無料ブログ作成

日本のオーケストラにとって解決すべき課題? [雑感]

 昨日のN響岡山公演の記事のアクセス数が増加していて、恐らく何度も繰り返し訪問して下さっている方が多いようです。
 このコンサートの感想は書かないことに決めていますが、N響の演奏が悪かったわけではありませんので、一応おことわりをしておきます。

 なぜ感想を書かないのか、理由を説明します。

 「音楽の友」の今年の1月号、大フィル首席指揮者として井上道義氏のインタビューが掲載されていました。

 その中に「日本のオーケストラにとって解決すべき課題は?」という質問があり、答えの一つとして『ネットでグチャグチャ書く人間に、まず顔を提示してから書くシステムをつくっていただきたい』という発言がありました。

 私は匿名でブログを書いているので、まさに井上氏の批判の対象である「ネットでグチャグチャ書いている」人間にあたるわけですが、とはいえ長年、地方都市の狭い世界の趣味でブログを書いていると、地元の岡山では関係者に名前も職業も顔も割れていますし(地元の新聞社の記者さんから取材の申し入れがあった事もあります)、感想に関して匿名という立場に任せて無責任に書いているつもりは全くなく、一定の責任を感じながら書いています。

 一方で、多くのブロガーさんがそうだと思いますが、実名にしてしまうには仕事などで色々しがらみがあるんです。例えばコンサートに行くために、繁忙期に同僚にお願いして定時に職場を出させてもらったり、得意先との打ち合わせを早めに切り上げてもらったり、軋轢が起きかねない局面を丁寧に収めながら足を運んでいるわけです。

 今の日本のような不寛容社会では、実名でブログを書くと言うのは、それなりのリスクがつきまとう。匿名で書くというスタンスを守っていれば、実際には誰が書いているのか分かっている人がいても、色々穏便に事が運ばれるわけです。
 ましてやコンサートの感想なんて、自分の仕事に還元されるものは何もない訳で、1円の得にもならない。ただただ純粋に娯楽の範疇で書いている。

 コンサートに通っている人々は、日時と場所を指定されて、そこに「わざわざ足を運ぶという手間」と、立ちはだかる日常の様々なしがらみを払いのけて足を運んでいる。ブログに感想を書くのだってエネルギーが要る。その楽団やクラシック音楽という趣味に思い入れが無ければ到底続かない。もちろんこれは自分が望んでやっていることですが、コンサート興業を生業にしている方々には、そういった想像力を働かせて欲しいな(ほとんどの音楽家は充分に理解されているとは思いますが)、と思います。そうすれば「ネットでグチャグチャ書く人間」なんていう発想にならないですよねぇ。

 一方で、井上氏が指揮者としての作り出す音楽世界には、私も魅了されている一人ですし、自分と考え方が違うからと言って、音楽的感動を得られる確立の高いコンサートに足を運ばない手は無い。

 となれば答えは一つ。業界で最も権威のある雑誌に本人が、「日本のオーケストラにとって解決すべき課題」として、意見が表明されたこと。その意思を尊重し、『いい演奏であろうが、そうでもない演奏であろうが、井上道義氏が指揮したコンサートの感想を書かない』。そう決断しました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

熊本・大分 [雑感]

 年に何回かある繁忙期。今回はとりわけ細かい数字に追われる日々が続き、神経をすり減らす毎日です。コンサートの方は5月中旬ごろまでお預けですが、はやく生音に触れたいです、触れたいというよりも半ば飢餓状態というか、渇望している状態です。

 一方で、九州を襲った震災で、家族や友人を失った方々、現在も避難所生活を余儀なくされている方々は、趣味道楽どころではないでしょう。

 改めてお見舞いを申し上げます。

 岡山というところから見ると、今回の震源域である熊本や大分というのは、2泊3日ぐらいの遠出をするにはちょうどいい距離で、関西や関東の人にとっての信州のような位置づけになろうかと思います。私自身、この地方への旅行回数は片手では足りないほど。
 特に、別府から「やまなみハイウェイ」を通って、湯布院の特に金鱗湖畔の幻想的な景色、蓼原湿原で水生植物に癒され、山々が折り重なる様な久住高原の爽やかな風、黒川・杖立・長湯・筋湯といった名湯の数々!(私は瀬の本高原にあるホテルの広大な露天風呂から眺める、雄大な高原の景色が好きです)、ハイライトは阿蘇外輪山に差し掛かって、大観峰からみる国内最大のカルデラ平野の景色。阿蘇に入ってからも火口湖のエメラルドグリーンの湖は1度だけ見ることが叶ったし、南阿蘇の平原からみる根子岳の愛嬌のある山容、白水水源のミネラルたっぷりの天然水など、この地の魅力を語りだすときりがありません。家族、学生仲間、仕事仲間、そして一人旅と、何度も旅行に行きました。

 熊本市も就職してからよく行った土地。岡山と熊本というのは実は双子のようによく似た街で、後発政令指定都市、ブロック首都(福岡・広島)の2番手という都市規模、ともに「烏城」を持つ城下町、そして市場環境も岡山と熊本はよく似ており、何度となく意見交換や交流を持ちました。新幹線によって2時間15分という近さになり、ますます行きやすくなったなあと思ったところでした。

 しかし、あの熊本・大分の魅力的な自然景観は火山や活断層などの災害と隣り合わせだったことに改めて気づかされます、天下の名城の熊本城が被害を受けている様子にも胸が痛みます。元・城下町に住む人々にとって、当たり前にそこにあるはずのお城が崩れている、というのは精神的にもかなり「くる」ものがあると思います。 

 何かできることは?ということで、少しばかりの(国内オーケストラのコンサート1回分程度の・・・お恥ずかしい)義援金と、Tポイントをはじめ手持ちのポイントを全部寄付に回しました。
 あとは、大好きな熊本・大分の商品を買ったり、落ち着いた時期に旅行にいったりしたいと思います。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

保守書き込みです [雑感]

 このso-netブログは2カ月更新が無いと意図せぬ広告がババンと表示されていくので、保守書き込みを。

 初夏の陽気・・・というよりは真夏のような気候になっていますが、当方、繁忙期にてなかなかコンサートの出撃・音楽鑑賞もままならない毎日です。

 とはいえ、色々とブログに書いておきたいネタはあります。ただ、今は家にも持ち帰って勉強しないといけないことが多くて、なかなかエントリーを起こすまでには至りません。
 連休には、チューリッヒ美術館展を見てきました。いやあ、6m×2mの巨大なモネの睡蓮をはじめとして、ゴッホ、ロダン、セザンヌ、ホドラー、ルソー、モンドリアンと、怒涛のラインナップ。もうじき東京開催だと思いますが、必見ですね。
→何を勘違いしたのか、東京開催は既に終わっていました。失礼いたしました。
DSC00861.JPG

 また感想は後日アップしたいと思います。

 5月の中旬ごろには再び関西へ足を運ぶ予定にしていますが、エントリーはゆっくり目になりそうです。
DSC00863.JPG
 神戸は岡山とは違って、山が近いので非常に爽やかな気候でした。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東日本大震災から4年 [雑感]

 神戸で生まれ育った私にとって、実感を伴う大きな地震災害といえば阪神大震災でした。今年の1月17日で20年が経ち一つの節目を迎えました。

 阪神大震災では私の直接の友人・知人で亡くなられた人は「0」。あれだけの大災害でこれは奇跡としか言いようが無い数字でした。ただし、友人の家族や友人の友人には亡くなられた方は当然多く存在し、まったくの偶然ではあったのですが。

 去年の年末に2つの事実を知りました。それは東日本大震災で知人が2人も無くなっていたことです。2人とも高校卒業以来、連絡を取り交わしていたわけではありませんでした。付き合っていたグループが違ったわけですが、個人同士では結構深い話をしたこともあって、僕にとってはそれぞれ強く記憶に残っています。

 東日本大震災での死者・行方不明者は19000人に迫ろうかという数字、今更ながらその災害の規模をじわじわ実感しています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

googleブログ検索サービス終了!? [雑感]

 先週ぐらいからでしょうか、googleのブログ検索をしようとしたら、エラー画面に・・・

 去年の冬ぐらいに、googleのトップ画面のオプションから『ブログ検索』のバーが消えていたんですが、URLを直接入力すると依然として検索機能は使えていました。ところがその検索画面もエラーで表示できなくなってしまいました。サービス終了、ということなんでしょうね。

 クラシック音楽のようにマイナーな分野で、自分と同じような愛好家の意見や感想、与太話(?)に至るまで様々な記事を検索する手段が、また一つ無くなってしまいます。

 RSSリーダーといい、ブログ検索の消滅といい、googleはブログというメディアに対して冷たいですね。実際、google検索で個人のブログが引っかかることが少なくなっていて、これは検索効率を高めた結果なのかもしれませんが、素人愛好家のブログのような『遊び』の情報がどんどん隅に追いやられているようで、なんだかさみしいですね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

年度末 [雑感]

 いやはあああ、忙しいです!

 コンサートに行くことはおろか、ブログのエントリーもままなりません。

 音楽は聴いています。昨日はNHKのクラシック音楽館で、広上淳一指揮 京都市交響楽団の演奏を堪能。

 すごい濃厚なマーラー1番でしたね。京都コンサートホールでのNHKの録音は、だいたい音質がイマイチで、どんなに凄い演奏でも、番組で見るとかなり割り引かれてしまうんですが・・・
 TVで見て、これだけ凄い演奏ということは、当日聴かれた方はどれほどの迫力だったことか・・・・

 終演後のアンコールに至るまでの楽団員の表情がノーカットで記録されていて、本当に雰囲気のいいオーケストラですねぇ。

 今年は絶対に京響を聴きに行きたいですね~


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

逆向き列車 [雑感]

 TV東京系の『逆向き列車』という番組にはまっています。
 「通勤先とは逆方向の、逆向き列車に乗って、どっか行ってみるとしたら、どこに行きますか?」と、朝のラッシュ時に通勤客に声をかける。
 この番組は、本気で逆向き列車に乗せようとするんですね。なんでも、OKしたら勤務先の会社のコマーシャルを流してくれるとか。

 う~ん、ガイアの夜明け、とか、未来世紀ジパング、とか、ハイテンションな番組とは対照的・・・

 1か月ぐらい前から録画してまで見てます。今までは関東の方が多かったんですが、今週は大阪(というか奈良の近鉄大和八木駅)が舞台でした。

 1000人声かけてもけんもほろろな関東人に対し、関西人はノリがいい。で、交通費や昼食代、お土産代までも番組持ちということで、「名古屋に行ってみたい」「富士山を見てみたい」と、なかなか遠距離なリクエストが(笑)関東の人が鎌倉とか湘南、といった近場をリクエストするのとは対照的でした。

 ちょっと、今、仕事でかなり追い込まれてます。4月にテイク・オフさせないといけない仕事があるんですが、全然前に進まず、後ろにも引けず・・・胃に穴が空きそうです。

 自分が逆向き列車なんかに乗ったら、そのまま逃亡してしまうかも?!


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラウディオ・アバド氏の逝去 [雑感]

 私が取っている地方紙の一面に掲載されるぐらい、社会的にインパクトのある訃報です。

 アバド氏の実演に接したのは、1992年のベルリン・フィルとの来日公演(ザ・シンフォニーホール)1回のみでした。
 ベルリン・フィルの実演に接したのも、今のところこれ1回のみです。当時は安い席なら現在の半額程度で聴けました(しかもブラームスの協奏曲のソリストがブレンデルという・・・今から考えると大変豪華でした)。

 当時はまだカラヤン時代の印象が強かったので、アバドの音楽づくりに若干戸惑ったのは事実ですが(それと、当時高校生だったため分かりやすい派手な演奏を好む傾向にあった)、終演後のベルリン・フィルメンバーの充実した笑顔が印象的でした。カラヤン時代のビデオなんかを見ると、まるでサイボーグのような集団だと思っていたので(そういう映像づくりだったのですが・・・)。両者の関係の良好さを強く印象付けていました。

 何年か前に、ルツェルン祝祭管とのマーラー3番のDVDが本当に衝撃的で・・・。癌の厳しい闘病を乗り越えた人とは思えない躍動感と生命力にあふれていて、一度生演奏に接したいと思いつつも、首都圏以外での公演のチャンスがなかなか無く、結局聴けませんでしたね。80歳という年齢は、病身を押してのご活躍を考えると、よくぞここまで・・・と思えますが、しかしこの先どれほどの高みに進んでいかれるのか、その可能性を考えると勿体ないですね。

 追悼盤などを若干期待している自分が、ちょっと卑しくん感じるのですが、マエストロの音楽に今一度浸ってみようと思うことが、供養にもなると思うので、たぶん何らかのセットを買うことになるでしょう。

 ご冥福をお祈りいたします。

ベルリオーズ:幻想交響曲

ベルリオーズ:幻想交響曲

  • アーティスト: アバド(クラウディオ),ベルリオーズ,シカゴ交響楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: CD
 オーケストラという『楽器』としての能力を、これほどまでに執拗に引き出した演奏は、他に無いと思う愛聴盤です。

nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2013年大晦日 [雑感]

 今日が2013年の大晦日です。私個人にとっての今年は、前半は身内の死、そして転勤もあったり、なかなかハードだった一方、後半は比較的自分のペースを守れたかな?と思います。

 来年は『不惑の年』であり、『前厄の年』でもあり(笑)・・・・、色々と区切りを迎えますが、自分のペースを崩さずにやっていこうと思います。

 帰省のため、たぶん年初の更新が出来ないので、ここで来年度の抱負を。

 まずこのブログですが、来年は日々の音楽鑑賞の記録を、短い文章で書いていこうと思います。まあ、要するに以前のブログに戻る、ということですね。

 コンサート通いでいえば、去年は結構偏った聴き方をしていたので、来年は在阪6オケ+広響をすべて生で聴く!これを目標にしたいと思います。もちろん、シェレンベルガー&岡山フィルも熱烈に応援していきます(コンサートが土曜日になると助かるのだが・・・・)。 あとは今年から急に面白くなった室内楽鑑賞を、もっと広げていく。

 他には、今年は(法事とか用事だけではなくて・・・)京都でゆっくり過ごしてみたい。それから2泊3日以上の旅行に1度以上は行きたいですね。沖縄・北陸あたりが現在のところ候補です。

 今年も拙ブログをご覧いただき、ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

 

 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

海文堂書店(神戸・元町)の閉店 [雑感]

 個人的には少なからずショックを受けたニュースでした。

 神戸の海文堂書店、9月末閉店 創業100年目前 経営不振(2013 8/5 神戸新聞)

 個性あふれる本選びで多くの読書家に愛されてきた神戸の老舗書店「海文堂書店」(神戸市中央区元町通3)が9月末で閉店することが5日、分かった。海事書にかけては日本一の品ぞろえを誇り、阪神・淡路大震災関連のコーナーを常設するなど、神戸らしい“町の本屋さん”。しかし深刻な活字離れや大型店の出店などを受け、来年の創業100年を前にその歴史を閉じる。
 海文堂は1914(大正3)年、海や船舶・港湾など海事関連書の専門店として創業。70年代に品ぞろえを広げて総合書店となった。伝統の海事書に加え、児童書や人文・社会分野の本も充実。さらに郷土関連書籍を集めた「神戸の本棚」を設けるほか、月刊通信「海会(カイエ)」や雑誌「ほんまに」の発行を通じ、長く神戸の活字文化の発信拠点だった。
 95年の阪神・淡路大震災では、発生から8日目に営業を再開。本や地図を求める市民が詰めかけた。そうした経験から2011年の東日本大震災後には、東北の版元による書籍を重点的に販売。神戸の書店ならではの支援は、全国的に注目を集めた。
 帆船の図柄のブックカバーは読書家らに愛され、05年には優れたデザインのカバーをたたえる「書皮大賞」を受けた。また10年12月からは店内に古書店4店を誘致し、「元町・古書波止場」を開設。新刊、古書にかかわらず、良い本を読者に届けるよう努めてきた。
 しかし1996年のピーク時に比べ、現在は6割程度にまで売り上げが減少。2000年以降はインターネット書店の台頭や周辺に大型店、新古書店の出店も相次ぎ、経営不振が深刻化していた。
 5日午前10時半の開店前に、岡田節夫社長が約10人の店員らに事情を説明。顧客らには9日以降、「海会」やホームページを通じ、閉店を伝える。書籍販売業は終了するが、東京での出版事業などは継続する。

さよならサンパル古書のまち 唯一の営業店が8月末に閉店 (2013 8/3 神戸新聞)

 神戸・三宮の商業複合ビル「サンパル」にある古書街「サンパル古書のまち」で、唯一営業を続けていた「ロードス書房」が8月末で閉店する。県内の郷土史資料を中心に集め、長く歴史研究者らに愛されてきたが、ビルの衰退や店主の病気などのため退店を決意。阪神・淡路大震災を乗り越え、約30年続いた個性派古書街が姿を消す。
 古書のまちは1986年に8店舗でスタート。それぞれ和本や文芸書、全集、雑誌など異なる分野の専門書をゆっくり探せる空間だったが、経営不振や後継者不在で徐々に撤退が進んだ。
 ビルにかつてのにぎわいがなくなる中、同書房代表の大安榮晃さん(60)は最後まで踏ん張り続けたが、約2年前から手術や投薬治療を繰り返すなど体調が優れず、「棚を整理する体力が残るうちに」と幕を下ろすことに。閉店まで店舗内の商品を半額で販売し、その後はネット販売と目録販売のみとなる。
 店内には、自治体史や歴史書に加え、大安さんが目利きした翻訳本なども並ぶ。大安さんは「もう細やかな棚づくりができなくなるのは悔しい。できるならあと10年はやりたかった」。
 店には閉店を知った昔の店主仲間をはじめ、なじみ客が訪れている。「月並みやけど、こんな無愛想な店によく来てくれた。ありがたかった」としみじみ話す。

 ---------------------------------

 海文堂書店に初めて行ったのは、父親に連れられて・・・だったでしょうか。私の祖父は海運会社に勤めていて、海事書を扱う海文堂は常連だったようですし、その延長で父もこの本屋の常連でした。
 高校時代は夏休みや土日には、大倉山の中央図書館の自習室で勉強・・・すると見せかけて、実は勉強もせずに本ばかり読んでいたわけですが(陳舜臣や司馬遼太郎、児島襄、塩野七生などは殆どこの時期に読破したような・・・)、それを3時ぐらいで切り上げて、図書館前の通りを南東に30分ほど下っていくと、阪急花隈駅の辺りに出て(あるいは宇治川商店街を一気に下って、神戸駅の方からアーケードを進んだり)、海文堂も含めて元町のあたりを徘徊していました。帰りは阪神の元町か西元町から乗れば、通学定期券の最寄り駅の湊川まで初乗りで行けるんですね。まあ、そういうコースで遊んでいたわけです。

 今では『神戸の元町』と言えば、旧居留地のブランドショップ街のイメージが強いですが、地元の人間にとってはあの辺はあくまで三宮であって、元町はあくまで鯉川筋よりも西のエリア、という感覚です。元町と言えば他にも書店がたくさんあって、日東館書林にもお世話になったし、海文堂の近くには宝文館という教科書や学参が充実した書店もあった。宝文館では教師のアンチョコである『教科書ガイド』なるものが売っていて、中学時代には教え方の下手な(失礼!)先生に当たっときは、塾などに通っていない自分は、教科書ガイドを頼りに勉強していた(笑)

 どうも話が脱線しますね・・・

 小学校の時は、母と姉が大丸で買い物をしている時に、この海文堂で親父と二人で時間をつぶして、家族で合流してからは元町商店街の老祥『紀』(南京町の行列ができる老祥『記』ではない!)で豚まんをつまんでから帰ったり。
 夏休みの読書感想文の本で、『課題図書』というのがあったけれど、海文堂が子供のために独自に選んだ「課題図書」的な本ははずれが無かったなあ。
 他にも地元の本も充実してましたね、『兵庫の伝説』とか、親父はよく散歩ガイドのような本を何冊もここで買ってきていました。一時ブームになった、「ブラタモリ」の走りですな。

 ところが、高校3年の時に北神急行が開通して、裏六甲から神戸市外に出るルートが新開地経由から三宮直結に変化したことによって、元町に行くことはめっきり少なくなりました。進学で神戸を離れたあとも、帰省の際は洋服なんかも買い物できる三宮界隈に行動範囲は完全に限られるようになって・・・、たぶん高校卒業してから海文堂に足を運んだのは5回ぐらいだったかな?

 アマゾンなどのネットショップの席巻や郊外型書店や巨大書店の影響が一番の要因なんでしょうが、元町という街そのものの衰退もかなり影響したのかな・・・と思います。
 それでも港町文具などがネットでも話題になったりして、上手くやっている本屋さんだと思っていたのだけれど、本業の方は火の車だったんでしょうね。 
 今までありがとうございました。

 そして、サンパルから古本屋が消える・・・。今から思えば、高校時代は元町からセンタープラザの西館あたりと、サンパル、駅の北側の『親不孝通り(いわゆる予備校街)』が自分の行動範囲でした。まあ、典型的な文系で歴史オタクでクラシック音楽オタクの高校生が、さんちかや旧居留地・センター街には行く用事が無かった(笑)

 サンパルにはジュンク堂があって、そのマニアックな品ぞろえは凄かった。立ち読みには甘く、それが現在のジュンク堂独特の座り読みサービスなんかに繋がっていくのだが・・・、それを補完する、と言っては失礼。もっとマニアの巣となっていたのが古書店街。でも、あまりの専門性の高い品ぞろえに、高校時代には敷居が高かった。そうそう、高校時代は、高速神戸駅と新開地駅の間の地下道の古本屋街の方にお世話になりました。18歳以下には売ってはいけないような本は、大概ここで調達(笑)
 大学時代の研究用の本を探すようになって、いよいよサンパルの古書店街や大阪の阪急古書のまち、あたりで狙っている本が無いかどうかチェックする自分に酔っていたのを覚えています(笑)「あ~、自分もこういう本格的な古本屋で文献探しをするようになったか・・・」と(笑)

 なんだかとりとめのないエントリーになりました。やっぱり青春時代を過ごしたマイルストーンのような存在がなくなるのは、本当に寂しい。海文堂は単なる本屋にとどまらず、書店文化の発信基地のような役割も担っていただけに。「神戸らしさが失われる」との声も強いようです。

 なんて、懐かしがっている自分は電子書籍をガンガンダウンロードして読んでいる。「裏切り者」ですが、やはり本は本屋で買うようにしようと思います。それもバイト・パートだけで運営されてるようなロードサイド店じゃなくて、プライドを持った書店員さんが切り盛りしている、ちゃんとした本屋で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽