So-net無料ブログ作成
検索選択

倉敷のヴィルトゥオーゾ 室内楽コンサート Vol.2 [コンサート感想]

第31回倉敷音楽祭 倉敷のヴィルトゥオーゾ 室内楽コンサート Vol.2

ピアノ:松本和将
ヴァイオリン:守屋剛志
  〃   :黒川侑
ヴィオラ:中村洋乃理
チェロ:ドミトリー・フェイギン
コントラバス:河本直樹


ラフマニノフ/悲しみの三重奏(黒川、フェイギン、松本)
  〃   /チェロ・ソナタト短調(フェイギン、松本)
  ~ 休 憩 ~
シューベルト/ピアノ五重奏曲イ長調「ます」

2017年3月18日 倉敷市芸文館

DSC_0506.JPG

 後半の「ます」も良かったけど、この日の主役はフェイギンさんのチェロでしたね。的確に音を捕らえる演奏は、はじめは「真面目」過ぎるかな、と思っていましたが、途中から正攻法でぐいぐい高揚していく音楽に息を飲みました。

 後日、腰を据えて書ける時間を作って更新したいと思います

DSC_0511.JPG


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽