So-net無料ブログ作成
検索選択

日本のオーケストラがここまで来た、と感慨を抑えられないSACD [クラシック音盤]

 NML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)にEMIやユニヴァーサルが参加して以来、CDを買うことはほぼゼロになっていましたが、ちょっときっかけがあって、このSACDを購入して聴いています。

マーラー:交響曲第5番

マーラー:交響曲第5番

  • アーティスト: マーラー,インバル(エリアフ),東京都交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2013/10/23
  • メディア: CD

 インバルのマーラーは、壮年期のフランクフルト放送響(以下、Hr響)との演奏が代表作、ということになっているけれど、この都響との演奏は完全に総合力でHr響の演奏を上回っています。
 とにかく都響の演奏が凄いレベルなのです。インバルの意図するところを鋼のような鉄壁のアンサンブルを駆使して十全に表現しきっています。これを聴いてHr響盤を聴くと、Hr響の方がオケが非力に感じてしまうのだから、今の東京都交響楽団の実力が知れようというもの。
 もちろん、Hr響も30年近い年月の間に進化しているから、両者を比較するのはフェアじゃないですね。


 印象的なのは、
第2楽章の彫の深い表現、弦部隊の分厚さ、馬力全開の管楽器も「無理してる」感は皆無。若杉さんとのコンビでオール日本人の演奏でマイスルトーンを残した90年前後の全集から、わずか二十数年でここまで進化しますか!?
 第5楽章の後半のテンションの高さたるや・・・。オーケストラへの賛辞とともに、「インバルってこんな凄い指揮者やったんや!」という再発見をさせてくれました。都響の献身的ね熱演ゆえです。録音も優秀で音場の広がりが凄い。
 この曲はスコアを見ながら何度も聴いているのだけれど、各声部がこれほど厳格に整然となっている演奏は初めてかも知れない(実演では経験あるんですけど、録音では初めての経験。これはSACDの効果かも)。

 今世紀に入って以降の、MTT&サンフランシスコ響、ラトル&ベルリン・フィル、ヤンソンス&RCO、そしてお気に入りのノット&バンベルク響、これらの輝かしい録音を大いに楽しんできましたが、それらの錚々たる演奏を凌駕する、と言っていい類を見ない手応えのある演奏でした。

 この演奏を聴く限り、都響の実力派「世界レベル」かどうかなんて全く議論の余地なし、僕は本気でバイエルン放送響やロンドン響あたりのレベルじゃないかと思いました。凄すぎだわ!

 僕にとって、マーラー5番のベストチョイスです。


岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 行ってきました! [展覧会・ミュージアム]

岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016
DSC01494.JPG

 一瞬、思考停止。次に瞠目、最後には愉快な笑いがこみ上げ、見慣れた街のなかに日常の「裂け目」が見える。そんな感動を感じました。
PICT_20161015_125430.JPG

 10月8日から11月27日まで開催されている「岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016」、「美術手帖」誌の言葉を借りれば、『かなりハード・コア』な展示だそうです。現代アートにうとい自分にとっては、何がハード・コアなのか?言葉には出来ないですが、瀬戸内国際芸術祭のフレンドリーな雰囲気の展示に比べると、前衛的なものが多いというのは理解できます。

 会場巡りをした個々の展示の感想は、また改めて書き起こそう思いますが、先週の土曜日に有料の展示の半分と、チケット不要のパブリック空間に置かれたインスタレーションに接してみて、強く感じたことがあるので、とりあえずエントリーしておきます。
DSC01485.JPG

 地元新聞社の記事でも書かれたとおり、この岡山で現代芸術祭を開催する意味は、「非日常」であり「外へ開かれた窓」であり、アートを通じた街の魅力の再発見、であるのだろう。

 しかし、僕が感じたのは、子供の頃には確かに持っていた感覚・・・空想と日常との境界線の曖昧さ、そして日常に潜む「破れ」の存在、それを大人になって思い起こさせてくれたことが重要です。
PICT_20161015_135128.JPG

 日常を過ごしている街に、突如現れた「訳のわからないもの」に突如侵略される感覚、一瞬、頭の思考がストップする感覚は、想像以上に面白いものでした。
buttai.jpg

 大人の感覚では、日常は連続的に存在しているようにしか感じられないが、子供、特に小学校5年生ぐらいまでの子供は、日常の破れ、とでもいう感覚を持っている。「あの山(海)の向こうはどうなっているのか?」「お父さん(お母さん)は、本当に僕のお父さん(お母さん)なんだろうか」。そういった日常を支えている世界に「破れ」があり、その「破れ」に対する畏れも持っている。この感覚は大人になれば失われ、やがて忘れ去られて行ってしまう。
DSC01478.JPG

 一方で、子供の頃に刻み込まれた心象風景は大人になっても強く残っているものなんです。僕は小学校時代の「ポートピア81」が未だに忘れられない。思えばあの博覧会のパビリオンは、巨大なコーヒーカップや、地面に突き刺さったダイエーの巨大マーク、巨大な地球儀など、どれも現代アート的な造形だった。そこへ向かう、無人で走る「未来の乗り物(ポートライナー)」を含め、心象風景として強烈に刻み込まれている。

 後楽園近くの空き地に突如墜落したUFOのような物体や、岡山シンフォニーホールの向かいの、普段は地味な換気塔やビルの壁面が全く違う物体に変貌している。日常見てきたものが全く違う姿を現しているこの風景は、大人になり「日常の破れ」が閉じた後も、自分たちの日常が違う世界と繋がっている感覚や、強く刻み込まれた心象風景が、視野を広げ感性や審美眼を磨くことの意味を教えてくれたように思う。
DSC01503.JPG

PICT_20161014_180337.JPG

 またアートの「代償行為」としての側面も重要かも知れない。社会に対して怒りを感じても、アートが負の感情を慰撫してくれる。「ここまでやる!?」「何をやってもいいんんだ!」という感覚になれ、見る者の心までも自由になる。

 こんな現代芸術祭が、今の岡山で開催されたというのは、ある意味、奇跡といえる。岡山は広島や福岡のように、地方ブロックの雄で周囲の県から続々と人が集まってくるような大都市ではない。その一方で岡山は、大きな経済規模を有しており、岡山市と倉敷市などと合わせると、実は人口120万人の都市圏を形成している。これだけの経済規模を有しているがゆえに、岡山で生まれ育った多くの人が、岡山で学び、就職し、子供を設け、岡山で老いて死んでゆく。
 つまりは岡山から一歩も出なくても人生を送れてしまう。今回のイベントの運営に携わった岡山市の職員の中の大多数もそうした人生の軌道の上にいるのではないだろうか。経済規模でいえば、他の県の人が入り込んでくるほどの巨大な商業規模・経済規模を有してはいないから、転入も少ない。

PICT_20161015_134544.JPG
 そういう環境の岡山という街は、安定した社会を築いてきた。大阪や神戸のような貧富の格差が少ない(高級住宅街とダウンタウンが強いコントラストを描く、ということもない)、住みやすい街だとは思う。一方で外から入っている刺激が少ないことによって、社会の停滞を招く危険性を秘めている。
 僕も「よそ者」として岡山に住み・働いて行く中で、この街の持つ「異分子」に対する脆弱性や、排他性について実感する事件は何度も経験した。それに加えて、芸術・文化面(特にメイン・カルチャーにおいて)での停滞ははっきりと感じられてきたのが90年代~ゼロ年代の岡山だったと思う。

 このイベントの主催を牽引した実業家の石川さんの本当の狙いは、現代アートを通じて、岡山という街への、ある種のカンフル剤を処方したということなのだと思う、石川氏のこれまでの行動原理から考えれば、大いにあり得る。

 2010年代に入って、音楽界ではハンスイェルク・シェレンベルガーがオーケストラ文化の停滞を打破しつつあるし、そこへ来て、この岡山芸術交流の開催。公金が投入されている以上、事後の検証は欠かせない作業になると思いますが、90年代からの芸術文化面での停滞した状況、そして20年後30年後の岡山の社会へつながるインパクト、そういった視点での評価が必要だと思う。

岡山芸術交流に関する記事


岡山芸術交流コンサート 岡山市立オリエント美術館 [コンサート感想]

岡山芸術交流 × おかやま国際音楽祭2016 コラボコンサート 
PICT_20161014_180738.JPG

Vn:近藤浩子、長坂拓己
Va:杉山みゆき
Vc:山本玲子

CCI20161016.jpg 

 岡山フィルの団員さんによる、恒例の秋シーズンの室内楽のコンサート。今回は岡山芸術交流の開催期間と言うことで、オリエント美術館中央ホールに展示されたワイヤーのような現代アート作品の横での演奏となりました。

 毎回、このホールでプロの演奏を聴くと感心するのですが、この会場は石造りの神殿のような建物で、聴衆にとっては音楽が神々しく鳴る感じで気持ちがいいのですが、残響過多だと演奏者にとっては自分の音が聞こえにくいでしょうし、少しでも音に雑味が入ると、その音がずっと響いてしまう。

 その点、今回のメンバーにとっては勝手知ったる会場ということか、今回のコンサートも見事な演奏で楽しませてくれた。特に「真田丸」は、三浦文彰さんのソロの部分を近藤さんが演奏、これが聴き応えがあった。ツボにはまったのが杉山さんの司会で、脂の乗った(決して油ぎった・・・ではない!→会場に居た人しかわからないネタ)演奏でも楽しませてもらいました。
PICT_20161014_180410.JPG

 こういうコンサート、もっと増えてほしいですね。岡山は「オーケストラのある街」ですから。
 岡山芸術交流にちなんで、現代音楽を色々な場所で演奏する(打楽器アンサンブルで、スティーブ・ライヒの曲をやるとか)ような企画があれば、乱立する地方初現代アートイベントとの差別化になるし、音楽愛好家と美術愛好家の市民同士の交流にもなるのでは?と思います。

 あいちトリエンナーレでは、そういうのをやってるみたいですね。http://aichitriennale.jp/about/index.html


祇王寺 [名庭シリーズ]

往生院(祇王寺)
創建:平安末期
宗派:真言宗大覚寺派
   (明治初年に一度廃寺となり、明治28年に大覚寺門跡の傘下の寺院として再整備される)
DSC01341.JPG
DSC01342.JPG

 境内の周囲には竹林があり、内側は見事な苔庭と楓、まさに絵にかいたような静寂の中の草庵といった佇まいです。平清盛の寵愛を受けたものの、その清盛の心変わりにより都を追われた祇王とその妹・祇女が隠棲した地とされています。清盛が心変わりした先の仏御前も最後は一緒に暮らしたとか。 
DSC01360.JPG

 チケットの券面に「源氏の寺 大覚寺」「平家の寺 祇王寺」と書かれていましたが、『平家の寺は三千院じゃないのか?』などという疑問が湧いたものの、たしかに門跡寺院として大伽藍を有する大覚寺と、いかにも鄙びた草庵の佇まいを見せる祇王寺というのは、勝者:源氏と敗者:平氏を投影することも出来るかなあ、と思い直しました。
 祇王寺が大覚寺の傘下に入ったのは、20世紀に入ってからのようで、今では観覧セット券も販売されています。
DSC01365.JPG

 しかし、本当に見事な苔庭です。
DSC01344.JPG

DSC01346.JPGDSC01349.JPGDSC01351.JPG

DSC01353.JPG

DSC01354.JPG

DSC01356.JPG

 この祇王寺は高校の遠足以来の訪問でしたが、ほとんど記憶に残っていません。当時は大覚寺や清凉寺の立派な大伽藍や天龍寺の壮大な池泉式庭園に目を奪われ、こういった味わい深い苔庭の良さがわからなかったのかな。
DSC01364.JPG

 この緑の絨毯に紅葉の葉が散ったときの美しさはどうなのだろう?想像を絶する美しさでしょうなあ。

(2016年9月訪問)


嵯峨野・嵐山 Introduction [名庭シリーズ]

 もう一つの趣味の柱であり、このブログの更新の2枚看板の一つになる予定だった、日本庭園巡りの写真について、ここ1年以上更新できていませんでしたが、先月に観光した京都の嵯峨野を手始めに、撮りためていた写真を載せていこうと思っています。
 嵯峨野と言えば竹林ですね~
DSC01308.JPG 
 写真は人並みが切れた瞬間を狙って撮影したんですが、なかなか凄い人出でした。
 嵯峨野・嵐山は紅葉の時期になんとしても行きたいのだけれど、ラッシュ時並みの人手になりそうですよねぇ。

 嵯峨野と嵐山を繋ぐ渡月橋、夕暮れの写真
DSC01330.JPG
 今回泊まった宿から、嵯峨野が一望できました。
DSC01337.JPGDSC01338.JPG

 次回以降は庭園の写真を中心に更新します。