So-net無料ブログ作成
検索選択

京都市交響楽団第601回定期演奏会(1日目) ゲッツェル指揮 Fl:アウアー [コンサート感想]

京都市交響楽団第601回定期演奏会(1日目公演)
DSC_0275.JPG

ニコライ/歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
モーツァルト/フルート協奏曲第1番ト長調K.313
バルトーク/バレエ組曲「中国の不思議な役人」
ラヴェル/ラ・ヴァルス

サッシャ・ゲッツェル指揮
フルート独奏:ワルター・アウアー
コンサートマスター:泉原隆志

2016年5月21日 京都コンサートホール大ホール

 終わって見れば世界トップレベルといっていい、素晴らしい演奏会でした。
DSC_0276.JPG

 1曲目のニコライは、なめてかかったわけではないでしょうが、合奏精度が詰めきれてなかった感あり。それでも京響のハーモニー感が心地よくて…。以前、ブロムシュテット&チェコフィルを聴いた時に、ブロムシュテット翁のタクトにチェコフィルがついて行けなくて、ズレズレのアンサンブルになったんですが、崩れても尚美しかった。いやいや、今日の京響はあそこまで崩れなかったけど、オケ本来の音が出ていたら、少々の合奏制度の乱れは一種の色気になってしまう。京響もそんなレベルのオーケストラになったということでしょうか。

 あと、前半はアウアーさんのフルートに触れないわけには行かない。去年、同じくウィーンフィル首席のカール・ハインツ・シュッツの柔らかくニュアンスたっぷりのソロを聴きましたが、アウアーさんはそれに輪をかけて精妙でまさに天衣無縫、息を直接吹き掛けて出す音なのに、なぜあんなに透き通った音が出るんでしょう。アンコールの選曲も絶妙。

 後半は、まさに京響の本領発揮でした。上手すぎる、間違いなく世界に出してもトップレベルの演奏。

 ゲッツェルもバルトークやラヴェルが得意なんでしょう。初顔合わせとは思えない息の合いっぷり。バルトークの中国の不思議な役人では、猟奇性を全面に、まさに抉って抉ってグロテスクな演奏。ミミの妖艶さと狂気を クラリネットの小谷口さんが、そら恐ろしい表現で応えた。
 そしてそして、ラストの追い込みは、最近の愛聴盤の、シャイー&コンセルトヘボウ管も真っ青の、ドンピシャで決まるアタックの連続。まあ、会場は盛り上がる盛り上がる。でもあと一曲あるんです。

 バルトークの後だと、このラヴァルス、今の京響にとっては朝飯前なんじゃないだろうか。いやはやこれも凄かった。弦楽が奏でる主題の、なんと高貴な色香が漂うことか。前曲と見事に対をなしていた。
 ゲッツェルも、これだけのパフォーマンスでオケが応えてくれたら、さぞ気持ちいいにちがいない。聴いてる聴衆も天才ラヴェルの美音の渦に身を任せて、こら~たまらん、気持ちええ~。

 一番興奮したのは、終盤に差し掛かる手前、トロンボーンが主題を高らかに歌い上げるところの、管弦の不協和音のトリル、ラヴェルの天才的な音感を思い知らされる場面だが、京響からすごい音がなって、「ぞわわわ~」と、鳥肌が立ちました。日本のオケからこんな音が出ようとは…。
 バルトークに続いて、ゲッツェルさん追い込む追い込む。京響も完璧に応えて、凄い拍手が。同時に鴨川の洪水の音のような音が聴こえて来て、周りの人も「この音、なに?」と見回すけれど、これ、余りに拍手が凄すぎて地鳴りのようになってたんですね。

 明日は前半の精度を上げてくるでしょう。バルトークとラヴェルは、これ以上の演奏…想像もつきませんが、チケットもまどあるようですし、関西のファンの方は絶対に行っといた方がいいと思います。

 また、追加で何か書くかもしれません。

(やっぱり言い足りない・・・追記です)

・配置は前半が対向配置で後半がステレオ(ストコフスキー)配置。1曲目は14型2管、モーツァルトで6型2管になり、最後は14型に戻すが、チェロバスを2本づつ補強している(このチェロバスの補強が、失禁モノの恐怖を生み出す事は、開演前には知る由もない…)。

・サッシャ・ゲッツェルは、元ウィーン・フィルの奏者だったようだ。この日の指揮を見る限り、奏者の自主性に任せるタイプの指揮者で、それは京響においても成果を上げていた。既に国内では首席客演のポストにある神奈川フィルのファンからは熱烈な支持を集めているようだ。手綱はしっかり握っているのだろうが、タクトの意図するところが明快で奏者のストレスを最小限に、自発性を最大限に生かす指揮は今後も注目したいと思った。

・京響定期恒例のプレトークがあって、トイレのスピーカーから流れてくるお話しを断片的に聞いた事によれば、ニコライはウィーン・フィルの創設者で、ゲッツェルとアウアーはともにウィーン・フィルの仲間。「ウィンザーの陽気な女房たち」は、ウィーン・フィルの創設者の1人であるニコライの作曲。ということでウィーンづくしのメニューとのこと。

ニコライ/ウィンザーの陽気な女房たち
・絶妙のハーモニーで開始し、うっとりしていると、アンサンブルの乱れが・・・、盛り上がるところでも微妙なずれが合って「これは京響にしては珍しい」と思ったが、音事態は瑞々しく、細かいアンサンブルがどうこうという気にならなくなった。

モーツァルト/フルート協奏曲
・ワルター・アウアーによるフルート協奏曲。ここ1年で同じ曲でウィーンフィルの両首席の演奏を聴いたことになる。

・ウィーン・フィル独特のサウンドに、ホルンやオーボエが挙げられるが、フルートも独特の音だと言う事が良く分かった。言葉ではなかなか言い表せないのですが、木質感のある音というか、森の香りを漂わせる感じ。

・オーケストラの方は冒頭だけバタバタした感じがあったが、途中からは完全に持ち直した。

・フルート首席の清水さんが退団されたとのことで、1番に座った中川さん(岡山フィルでも聴かせていただいた)が、アウアーの演奏を凝視!ときおり手元で指遣いなどをトレースしているように見えた。


バルトーク/バレエ組曲「中国の不思議な役人」
・中国と言っても現代の中国の話ではなく、清の時代が舞台。

・この曲を生演奏で聴ける事を楽しみにしていた。京響の名演奏ライブラリーシリーズにレスピーギのローマの噴水が収録されているものがあるが、その演奏の壮絶な事!今年度のプログラムの発表を見て、「中国の不思議な役人」「ラ・ヴァルス」が取り上げられるのを見て、『これだ!』と飛び付いた次第。

・しかし、ストーリーは狂気に満ちている…というのはおぼろげながら知っていたものの。ここまで緊迫に次ぐ緊迫の曲だとは思ってもみなかった。辮髪の役人がミミを追いかけるシーンなんて、舞台にはパントマイムが無いのに、心臓の鼓動が高くなるのが分かった。音楽だけでも凄い曲。

・京響の金管陣と木管陣はもはや国内でも3本指に入るのではないか、個人技のレベルの高さもさることながら、タイミング・アンサンブルともども完璧・・・だった。特にトランペットとファゴットがカギを握る曲だと感じた。半年前にデュトワ&N響の放送でもこの曲をやっていた。放送と生演奏を比べるのは愚の骨頂であるのは解っているが、京響の演奏の方がどう評価しても上だと思った。


ラ・ヴァルス
・会場の興奮がまだ全然冷めきらないうちに始まった、コントラバスのワルツ。バルトークの毒気が残っているのか、不気味な死の舞踏を思わせる。チェロやフルートが登場して、弦のまろやかな調べが加わって、やっとラヴェルの世界がやってきた。

・京響の演奏は本当に見事。ラヴェルが「ウィンナー・ワルツ」のパロディーとして作曲したこの曲をウィーン・フィルの元団員が降る。フランスの香りとワルツのリズムと、ラヴェルの極彩色の世界を見事に表していた。

・ゲッツェル氏は京響の奏者の自主性を重視したのだと思う。体を動かしながら、操者同士・パート同士、アイコンタクトを取りながら、時間を慈しむように演奏する。さっきまでバルトークで阿鼻叫喚の世界を描いていたのに、今は天国的な世界を描いている。本当に素晴らしいオーケストラだ。流れるような部分も、リズムを刻む(第1主題が着地する「タータタタタッ」っていうところの木管・金管のタンギングが、めちゃめちゃかっこいい、こんなのはロイヤルコンセルトヘボウ管とか、バンベルグ響あたりでないと聴けないと思っていた)部分も、実は奏者の技が詰まっているのだろう。

・ラストの追い込みのプレストも凄かったが、方向としては『ハッピーエンド』な演奏。これには賛否あるでしょうが、バルトークとの対比がくっきりしたことで、気持ちよく帰路に就くことが出来た。


 たまに書いてるグルメメモ。今回は烏丸御池のベーグル専門店、「フリップアップ」でベーグルを購入し、お昼ご飯をホールの前で食べようと思っていたら、この暑さ…。ホール近くの疎水沿いの木陰で食べました。たまごサンドが絶品!
 隣の植物園も、日向には人がまばらでした・・・
DSC_0274.JPG

DSC_0273.JPG


大阪フィル第498回定期演奏会(1日目) ウルバンスキ指揮  Pf:ヴィニツカヤ [コンサート感想]

大阪フィルハーモニー交響楽団第498回定期演奏会(1日目公演)
DSC_0264.JPG

チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調
ルトスワフスキ/管弦楽のための協奏曲

DSC_0265.JPG

指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
ピアノ独奏:アンナ・ヴィニツカヤ
コンサートマスター:田野倉雅秋

2016年5月20日 フェスティバルホール

 アバドやメータが脚光を浴び始めた頃、それを見つめる人々はこんな感じやったんでしょうか?
 あるいはヤンソンスがオスロに、あるいはラトルがバーミンガムにいる頃は、その新しいサウンドに人々は狂喜したに違いない。

 今回の大フィル定期、やっぱりウルバンスキの存在感です。何十年か後に、「ああ、ウルバンスキね。彼のルトスワフスキのオケコンを聴いたときは、新しい時代が来た!とおもったな~」などと、若い連中に自慢するのだ。間違いなく彼は楽壇を背負う運命にあると思います。
 フルトヴェングラーの気で発するような指揮が伝説になってまだ間もない時代。小澤征爾が「指揮技術」で革命を起こしたように、ウルバンスキの鮮烈なサウンドは新しい時代を告げるものになるかもしれない。

 そのみなぎる才「鬼」に当たってしまいました。新しいサウンドに没入して、脳みそに熱が帯びている、そんな感じです。

 ヴィニツカヤさん。僕は初めて名前を知りましたが、エリザベート王妃でぶっちぎりの優勝という経歴を見るまでもなく、打鍵とテクニックはただ者ではないのですが、なんともチャーミングというか、どのピアニストも渾身の気迫と濃厚な情感を込めて弾く、この曲を、まるでモーツアルトのコンチェルトでも弾くように、さらりとチャーミングに弾ききってしまいました。

 これがウルバンスキのシャープだけど細かく作り込まれた大フィルの伴奏と相まって、今まで聴いたことがない新時代を告げるラフマニノフだったとおもいます。
DSC_0263.JPG

(5月22日追記)

・編成は14型2管編成ストコフスキー配置。ヴィオラがアウト、チェロがインド。ルトスワフスキで管が3管になり、ピアノ、チェレスタ、シロフォン、スネア、銅鑼などが加わる。

チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」

・弦と木管の掛けあいから速度を増して、この曲の運命的な主題が鳴った瞬間。びっくりした!こんなん、今まで聞いたことが無い!なんなんだこの立体感と奥行きと、精密機械をスケルトンで見るような解像度の高さは。とても言葉では言い表せないんです。

・ウルバンスキの何が新しいのか、何がすごいのか?それを文章化出来ない自分は、もう聴き手としては旧世代…なんだと思います。今まで慣れ親しんだ音楽が邪魔をして、頭の中で消化しきれない。「ロメオとジュリエット」というたった20分そこそこの曲を聞いただけでこんなに疲れますか(苦笑)頭が火照っているのが自分でもわかる。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

・ジャムがたっぷり入ったロシアンティー、そんな演奏に多く触れてきたこの曲ですが、やはりウルバンスキは只者ではない。ややもすればだれ気味になる曲が、あっという間に時間が過ぎた。

・アンサンブルの密度の濃さはなんなんでしょう。第一楽章のピアノとオケが一体になった音階上昇の部分。ヴィニツカヤのピアノもまったくオーケストラに隠れる事が無い。その打鍵の強さと音の粒立ちは特筆ものだが、オーケストラの方も各パートの音が立体的に聞こえてくる。メインのメロディーラインに、それを支える対旋律、内声部、そんな単純な構造ではなく、あらゆるパートのあらゆる音が輪郭をしっかり持って聴こえてくる。それでいて透徹した筋肉質な絶妙のバランスのハーモニーって、意味が分からないことを書いていますよね。

・この部分に限らず、彼の細かい演奏設計を逐一挙げても、あの衝撃は語れないんです。自分達の世代とは全く違う耳を持ち、違う脳で情報処理している、そう思うしかない。ヴィニツカヤもそういう音楽に共鳴して、見事にウルバンスキの音楽と渡り合った。

・ソリストアンコールのショスタコーヴィチの小品も気が効いていてよかった。

ルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲

・前半の演奏を聴いた人がチケットをみるみる買っていた。2日目は学生席の3階席にまで一般客を入れる盛況だったらしい。自分の目で見て「凄い」と思ったものにはお金を惜しまない大阪人らしさ全開。

・ルトスワフスキは、ウルバンスキにとって最も大切な作曲家だそうだ。CDで聞くのとは全然違うし、ウルバンスキだから、と言うのもあるのだろう。こんなに立体的で宇宙的で奥行きのある音楽だとは思わなかった。

・大フィルが超高性能オケに変身した。大植時代から、ハルサイやバルトークのオケコンなど、こういう曲も得意のレパートリーになっているのは知っていたけれど、ウルバンスキのオケの潜在能力の引き出し方はすごい。大フィルが機敏に反応している。しかし大フィルというオケは、「こいつと心中する!」と覚悟を決めた時の集中力と反応の切れ味には物凄いものがあるなあ。

・『協奏曲』の名のとおり、各パートの掛け合いがスリリング。各パートの音が明瞭にして混ざらないウルバンスキのタクト裁きは、この曲において最も本領を発揮した。デジタルで3Dな音楽の作り方、とでも言うのだろうか?うーん、やっぱりうまく言えない。こんなサウンド聴いたことが無い。

・2曲目のラフマニノフの協奏曲もそうでしたが、客席もウルバンスキのコントロール下に置かれているようで、空気が全く弛緩しない。見えない糸で客席をコントロールしているかのような静まり返り方。

・第2楽章は何とも言えない美しさ、ヴォーンウィリアムスのようでもあるが、一番近い のは武満や今年の2月に聴いた糀場富美子にも通じるような日本人作曲家の水墨画のよ うなモノクロームの世界の微妙な色彩の移り変わり。その繊細な美しさを「美しい」と 感じる感性。ウルバンスキがルトスワフスキをメインに持ってきたのは、日本人ならこ の曲の美しさに共鳴する、との思いがあったのかもしれない。

・ウルバンスキのタクトはここでも、各パートの音を明瞭にして、微妙に音の出し入れを行いながら、美しいハーモニーと各パートの音の醍醐味を救い上げて見せる。ああ、こんな場面でこのパートがこんな動きをしていたのか。

・フィナーレはバッハへのオマージュか。コントラバスのオスティナートが他のパートへ 連鎖し、壮大なシャコンヌを形成する。

・彼の耳や目には、全部のパートが同時進行に見えているのだろう。それをコクピットで微妙な出し入や内声部のどこを明瞭にするのか、途方もないパターンの計算を行ってやっている?のかも?自信なし・・・。

・これまでに登場したモチーフとともに混沌を極めながら、最後に印象的な4つの音階のモチーフが登場する、この執拗に登場する4音のモチーフは、僕にはショスタコーヴィチの、「レミドシ」の音階に聴こえてくる。

・岡山フィルでも素晴らしい演奏を聞かせてくれていた、木下雄介さんが大フィルのヴィオラトップ奏者に就任したとのこと。おめでとうございます。と同時に、やっぱり岡山フィルの脆弱な待遇では、このレベルの奏者は次々にメジャーオケに持って行かれてしまいますね…。

・ルトスワフスキのオケコンでは、僕はウルバンスキの棒先しか見ていなかった。素人の私にでも、棒先を見るだけで彼がみている世界が眼前に広がって見えた。大袈裟じゃなく冥土の土産が出来た。自分よりも一回り以上若い世代の、ほとばしる才能に、ただただひれ伏した一夜だった。

・類まれなリズム感とタクトの切れ味。オーケストラを掌握する実力。これはサロネンやラトルに並ぶ才能と言っても過言じゃないでしょう。

DSC_0268.JPG

中之島のツインタワーが並び立ちましたね。


岡山でマーラーの交響曲の演奏会が増えるための試金石になる [岡山フィル]

 色々な事でバタバタしているうちに、あっという間に季節は移り変わり、もう5月も後半に差し掛かっています。
 コンサート通いもそろそろ再開できそうな感じがします。

 長々とした題名ですが、端的に言うと「岡山のクラシック音楽ファンよ!岡山でマーラー演奏を今後も聴きたければ、6月の岡山フィルの定期には足を運ぶべし!」ということです。

 6月5日の岡山フィルの第50回定期演奏会の曲目は
 というもの。岡山フィルの定期演奏会でマーラーが取り上げられるのは、じつに10年ぶり2回目ということになります(前回はなんと8番でした)。

 このコンサートは、岡山シンフォニーホール開館25周年の記念イヤーを飾る演奏会であり、50回を記念する定期演奏会であり、シェレンベルガー首席指揮者の第1期3年の果実を味わうとともに、第2期以降の将来展望を見る、という、色々と節目のコンサートと言う事もあり見逃せないのですが、

私はこのコンサートでホールが満席になるかどうかは、岡山フィルのファンだけでなく、岡山・瀬戸内のクラシック・ファンにとって大きな試金石になるコンサートになると睨んでいます。

DSC00035.JPG
 去年のチェコ国立ブルノ・フィルのコンサート(メインがドヴォルザークの「新世界」)の感想で、僕はブルックナーやマーラーをもっと積極的に取り上げるべき、と書きました。
「ブルノ・フィル以外にも、同じプロモーターによるウクライナやモスクワやアルメニア、バルト三国などの東ヨーロッパのオーケストラを招聘してのコンサートはチャイコフスキー5,6番にドヴォルザークの新世界ばかり…」
「お客さんの入りが心配かもしれませんが、どのみち4割ぐらいしか入っていないんですし(笑)、2回・3回続けると固定客が付いてきますから今のじり貧の状況が打開できるんじゃないでしょうか?土日公演だと、高松や山陰・広島県東部からも足を運ぶ人が出てくると思います。ブルックナー(あるいはマーラー)オタクの集客力は馬鹿に出来ませんよ。」
 岡山フィルは10型2管編成なので、本来はマーラーの交響曲は守備範囲外なんですが、このコンサートにお客さんが集まると、『マーラーで客が入る』事を関係者に印象付けられる。
 逆にこれでお客さんが入らなかったら、今後も新世界・チャイ5ばかりの状況は続いてしまうと思います。
2016-04-02 12.25.45.jpg
 普段は岡山フィルのコンサートにはあまり足を運ばない方も、地方都市のクラシックファンの選択肢の幅を増やすということに協力する意味でも、ぜひ足を運んで欲しいと思います。

 選挙に行っても一票ではなかなか政治は変えられませんが、オーケストラの定期演奏会に行くことで、岡山の音楽文化の未来は変えられる。最近の客足だと2000席のうち1500席は堅い。残りの500席がどれだけ埋まるか・・・で未来が変わる。実際に私はそのことをこの3年間目の当たりにしてきました。
 このブログにコメントを頂いている方々だけでも、大阪・神戸・高松の方が聴きに来られて、好評を博しています。交通費を払ってでも聴きに行く価値のあるオーケストラになった。地元のクラシック音楽ファンがもっと聴きに行って満席にできれば、どんな未来だって描けると思うのです。

 もちろん、今のシェレンベルガー&岡山フィルは足を運んで損は無いですよ。ご確認ください。

宮川香山展 岡山県立美術館 [展覧会・ミュージアム]

世界を魅了した陶芸家 宮川香山 没後100年展  岡山県立美術館

 もう5月8日で会期は過ぎてしまいましたが、ゴールデンウィークに岡山県立美術館で開催されていた宮川香山展へ行ってきました。

岡山県立美術館HPから================

 宮川香山(本名:虎之助1842-1916)は九代茶碗屋長兵衛[初代楽長造(らくちょうぞう)]の四男として京都真葛原に生まれました。父の跡を継いだ虎之助は、一時、岡山で虫明焼の指導にもあたっており、今日、虫明焼が全国区で知られるようになったのは香山の功績と言えるでしょう。その後、香山は、薩摩の御用商人梅田半之助らの求めに応じ、明治3年横浜へ移住、翌年横浜太田村字富士山下に眞葛窯を開窯し、職人たちとともに輸出用陶磁器を製造しました。香山はフィラデルフィア万博、内国勧業博覧会等、国内外の博覧会に出品し輝かしい成績を収め、その名は世界にとどろきました。明治初年、一斉を風靡した薩摩焼風の錦手(にしきで)を制作することから始まり、技巧を凝らした細密で彫刻的な手法を用いた高浮彫(たかうきぼり)作品、さらに明治20年代以降は、ヨーロッパの趣向の変化に応じ、釉下彩磁(ゆうかさいじ)や結晶釉など釉薬の研究を進め、新機軸の作品を次々に発表しました。明治29年には帝室技芸員に選ばれ、明治を代表する陶芸家として活躍しました。

 本展は、没後100年を記念して、虫明焼の発展に寄与した香山を顕彰するとともに、日本の近代窯業界の寵児として海外で高い評価を受けた香山を同時代の作品群とともに紹介します。草創期から現代までの虫明焼作品、薩摩焼に影響を受けた明治期の各地の焼物、重要文化財2点を含む高浮彫作品から釉薬物まで多彩で魅力溢れる香山の作品など、合わせて約250点の作品を一堂に展覧します。

===================================== 

 香山の作品だけでなく、彼に影響を与えた「薩摩焼」の名品や、真葛窯の他の職人や香山から影響を受けた岡山ゆかりの作陶家など、実に300点を超える点数で、想像以上に疲れましたが(笑)陶芸について全く造詣の無い私でも、ストレートに訴えかけて来る立体的な装飾や煌びやかな文様は、本当に心を奪われました。

 そして、今回の展覧会で、薩摩焼の見事な装飾技術にも触れ、もしまとまった展覧会があったら、また行きたいな、と思いました。

 展覧会の後は、地元民以外はあまり知られていませんが、岡山で最も美しい景色の場所:石山公園のイベントに行ってきました。

Point Blur_20160510_173603.jpg

DSC_0255.JPG

 夕方から屋台が出て、お城と後楽園の周囲の水辺の景色を眺めながら一杯やる・・・。石山公園の野外ステージからは生演奏も聴こえてきます。
 向かいの後楽園は、今月末までライトアップイベントの『幻想庭園』が開催されていて、この日の前の日には暴風雨の中、岡山フィルのステージイベントも開催されたそうです(行こうと思っていたけど、あの風雨では「さすがに中止やろ~」と思っていたら、開催されていたんですね・・・、演奏者の皆さんには頭が下がります。次回は必ず行きます!!)。
 僕が学生の頃はこんなイベントはほとんど無かったと思いますが、同世代のやる気とセンスのある有志がどんどんこんな素敵なイベントを発案して、現市長の後押しもあって定着させています。仕事の繁忙期ということもあって、ほとんどどこにも行けなかったゴールデンウィークですが、いい思い出ができました。


「ドイツ・レクイエム」の動画 岡山フィル&東北・岡山の合同合唱団 [岡山フィル]

 アップされてから1ヶ月半以上たってしまいましたが、先日の岡山での「ドイツ・レクイエム」の動画がYOUTUBEにアップされています。
 今更ながら、という気はしますが、備忘録の意味もあって組み込みリンクをつけておきます。

 魂が入った演奏というのは、こういう演奏の事をいうのでしょう。この演奏を何度も聴いていて、何枚かある「ドイツ・レクイエム」のディスクを押しのけて、自分の中でヘビーローテーションになっています。素晴らしいです。