So-net無料ブログ作成

岡山大学交響楽団 2017サマーコンサート [コンサート感想]

岡山大学交響楽団 2017サマーコンサート
ムソルグスキー(R=コルサコフ編)/交響詩「禿山の一夜」☆
チャイコフスキー/バレエ音楽「眠れる森の美女」より
  ~ 休 憩 ~
ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調「英雄」
指揮:保科洋、秋山隆(☆のみ)
2017年7月22日 岡山シンフォニーホール

 前半の「禿山の一夜」と「眠れる森の美女」は、オーケストラもよく鳴っているうえに、岡大オケ伝統のダイナミクスの振幅を大きくとった、ドラマティックな演奏。技術的にもまったく非の打ちどころのない演奏だった。特に眠れる森の美女は、学生オケとは思えない、弱音部の安定感のある演奏と、トゥッティでの「これぞチャイコフスキーの音!」と思わせる、パワフルな金管と、それに押されない弦の鳴りっぷり、木管の豊かな響きと切れ味抜群の打楽器、それらを高次元でミックスさせたハーモニーと迫力に唸った。プロ顔負けの演奏を聴かせた。

 チャイコフスキーとベートーヴェンを指揮した保科先生は、今年4月に脳出血で倒れ、6月まで入院されていたとのこと。ほとんど退院直後の状態での登壇で、現在も左半身の自由がきかない状態での指揮であったが、発せられる「気」「パワー」には物凄いものがあった。しかも、暗譜での指揮。ふつう、この状態だと立ってるだけでも辛いはずなのに、なんという凄い方なのだ、と改めて尊敬の念を強くした。
 
 後半のベートーヴェンの英雄に入ると、チャイコフスキーのようにはいかなかったが、低音から高音へとピラミッド状に音を積み上げていくような、ベートーヴェンの音がしっかりと聞こえたのはさすが。この曲の持つ疾走感やドラマチックさ、保科先生と学生たちの共同作業で作り上げた、自然礼賛・生命肯定的な音楽世界に心を動かされた。
 ホルンやオーボエ、クラリネットのソロも見事なもので、若いからこそ吹ける切なさにあふれていた。12月はマーラーの5番を取り上げるようですが、保科先生のご快復を心よりお祈りするとともに、オーケストラの皆さんの奮闘を期待して待ちたいと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0